動物の病気 最新情報

2012年7月23日 月曜日

ツツガムシにご注意を(名古屋 動物病院 ひがしやま動物病院)

今回は人への感染を注意する目的でお知らせします。

島根県のツツガムシ病の調査結果が報告されました。

アカネズミがツツガムシ病を広めている可能性があるという結果です。アカネズミはツツガムシ病を人に直接感染させることはありませんが、ツツガムシ病の運び屋となっており今後の対策を示唆する結果と私は解釈しています。(ツツガムシ幼虫→アカネズミなどのげっ歯類→ツツガムシ成虫→人などの動物)

 ツツガムシ病はダニの一種ツツガムシによって媒介されます。患者は、汚染地域の草むらなどで、有毒ダニの幼虫に吸着され感染します。また、かつては山形県、秋田県、新潟県などで夏季に河川敷で感染する風土病であったが(古典型)、戦後新型ツツガ虫病の出現により北海道、沖縄など一部の地域を除いて全国で発生がみられるようになっています。

予防として
 発生のピークである5月頃と11月頃はツツガムシの発生地域の野山には立ち入らない、というのが望ましいのですが山菜取り、キノコ狩りのシーズンですのでそうも言っていられないでしょうから、長袖・長ズボン・長靴、それから帽子の着用など肌を極力露出しないような服装でツツガムシに刺されないよう注意してください。また帰宅後は入浴してツツガムシに刺されていない事を確認し、変な虫を見つけるような事があったら丁寧に洗い流しておいてください。後日体調を崩すような事があったら医師にこのような事情を伝えてください。

http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k02_g1/k02_13/k02_13.html(引用)
http://www.cpvma.com/eisei/tutuga.html(参考資料 公益社団法人 千葉県獣医師会)

島根県にけるつつが虫病の疫学的検討

1)田原研司 2)渡邉治雄

1)島根県保健環境科学研究所
2)国立感染症研究所

要約


 
  島根県におけるつつが虫病の病原体調査を臨床検体及び野鼠検体を用いて行った.血清抗体価による感染種推定では,患者25名中23名(92%)でOrientia tsutsugamushi血清型Karpの感染が考えられた.また患者の臨床検体からOrientia tsutsugamushiシークエンス型としてKarp型のサブタイプであるJapanese Karp type 2(JP‐2),Gilliam型のサブタイプであるJapanese Gilliam(JG)及び韓国で報告のあるOrientia tsutsugamushi Yeo-jooが見出された.Orientia tsutsugamushi Karp型JP-2及びGilliam型のサブタイプであるJapanese Gilliam(JG)及び韓国で報告のあるOrientia tsutsugamushi Yeo-jooが見出された.
Orientia tsutsugamushi Karp 型JP-2及びGilliam 型JGは県内で捕獲されたアカネズミ(Apodemus speciosus)からも検出されたことから,アカネズミがこれから病原体の自然界における維持に関与していることが推察された.

投稿者 ひがしやま動物病院 | 記事URL

2012年7月 9日 月曜日

犬のアトピー性皮膚炎

 この情報は犬アトピー性皮膚炎国際調査委員会による標準的治療カイドライン2010から診断基準を抜粋したもです。
 皮膚病の診断は細菌、寄生虫、真菌感染などその他の原因がないことを確認し、この基準に沿って診断することが推奨されています。あくまでも診断基準です。獣医師の診察を受け、そのワンちゃんにあった適切な診断・治療法を考える上で参考になれば幸いです。


Thierry Olivry, for the international Task Force on Canine Atopic Dermatitis
                                                                                                                            (2010 ESVD and ACVD, Veterinary Dermatology)
要約
Canine Atopic Dermatitis(CAD:イヌアトピー性皮膚炎)は、最も頻繁に見られる犬の皮膚病である。
intrnational Task force on Canine Atopic Dermatitis(ITFCAD)の定義によると、「CAD は炎症性、掻痒性のアレルギー性皮膚疾患で、遺伝性要因が関与しており、IgE 抗体に関連した特徴的な離床症状を呈している。
CAD に関与するIgE は、最も一般的には環境中アレルゲンに対する抗体である。また、ITFCAD の獣医アレルギー学術用語改訂版では、アトピー性皮膚炎の臨床症状を示しながら、皮内検査と血清検査の両方あるいはどちらか一方の検査でアレルゲン特異的IgEが陰性である犬の症例を記述するためのに、Atopic-like-dermatitis(ALD:アトピー様皮膚炎)という用語が造られたと説明している。

Favrot らの CAD 診断基準

SET1;
1.初発年齢が3未満
2.飼育環境のほとんどが室内
3.コルチコシテロド治療よって痒みがおさまる
4.慢性的あるいはは再発性の酵母感染症
5.前肢に皮膚病変が認められる
6.耳介に皮膚病変が認められる
7.耳の辺緑には皮膚病変が無い
8.腰背部には皮膚病変が無い

CAD罹患犬群 
FIAD罹患犬群
Ⅰ.5つの診断基準が満たされた場合 
Ⅰ.5つの診断基準が満たされた場合
●感度→84.4%
●感度→80.2%
●特異度→79.1%
●特異度→85.7%
Ⅱ.6つの診断基準が満たされた場合
Ⅱ.6つの診断基準が満たされた場合
●感度→58.2%
●感度→54.1%
●特異度→88.5%
●特異度→85.7%



SET2:
1.初発年齢が3才未満
2.飼育環境のほとんどが室内
3.初発時に皮膚病変の無い痒みが認められた
4.前肢に皮膚病変が認められる
5.耳介に皮膚病変が認められる
6.耳の辺緑には皮膚病変が無い
7.腰背部には皮膚病変が無い

CAD罹患犬群 
FIAD罹患犬群
Ⅰ.5つの診断基準が満たされた場合 
Ⅰ.5つの診断基準が満たされた場合
●感度→77.2%
●感度→70.3%
●特異度→83.0%
●特異度→85.7%
Ⅱ.6つの診断基準が満たされた場合
Ⅱ.6つの診断基準が満たされた場合
●感度→42.0%
●感度→35.5%
●特異度→93.7%
●特異度→100%

※感度 「陽性と判定されるべきものを正しく陽性と判定する可能性が高い」、あるいは「陽性と判定されるべきものを間違って陰性と判定する可能性が低い」という意味

 特異度「陰性のものを正しく陰性と判定する可能性が高い」、あるいは「陰性のものを間違って陽性と判定する可能性が低い」という意味

投稿者 ひがしやま動物病院 | 記事URL

2012年7月 8日 日曜日

犬の乳腺腫瘍の臨床病理学的検索 : 小型犬と他犬種の違い

小型犬の乳腺腫瘍は中型や大型犬に比べると癌の可能性が低いかもしれない
という報告です。


伊東 輝夫(八仙会動物医療研究部)
内田 和幸(宮崎大学農学部獣医学科家畜病理学教室)
 
The journal of veterinary medical science 67(3), 345-347, 2005-03-25

犬乳腺腫瘍101例の臨床病理学的特徴を回顧的に評価した。小型犬60例と他41例の組織学的悪性の頻度はそれぞれ25%と58.5%であった。上皮系腫瘍81例では, 小型犬で小さな(<3cm)非浸潤腫瘍が多く, 多変量解析で小型犬(p=0.048)と腫瘍浸潤度の低さ(p=0.006)が長い生存期間と関連した。以上から, 乳腺腫瘍の組織学的, 生物学的な悪性の発生頻度は, 小型犬では他犬種よりも低いことが示唆された。
乳腺腫瘍は雌イヌにおいて高頻度に発生する腫瘍のひとつである。本研究では, 腫瘍マーカーとしての有用性を検討するためにイヌ乳腺腫瘍材料におけるc-kit遺伝子の発現を調べた。4種の哺乳動物のc-kit cDNAの塩基配列を参考にRT-PCR法のためのプライマーセットを合成し, イヌc-kit遺伝子を増幅した.正常イヌ脾臓の全RNAからのRT-PCR法により増幅したイヌc-kit遺伝子の大きさは756bpであり, 哺乳動物のcDNAの該当部分と高い相同性を示した。11例のイヌ乳腺腫瘍(腺癌, 良性混合腫および悪性混合腫)すべてにおいてc-kit mRNAの発現が検出された。イヌ乳腺腫瘍のうち, 腺癌におけるc-kit遺伝子の発現は, 悪性混合腫瘍に比べて有意に高かった.さらに, 15例の乳腺腫瘍以外の各種イヌ腫瘍組織標本におけるc-kitの発現も同様に検討した。肥満細胞腫の全例において, 高いmRNAの発現が認められたが, 残りの12例の腫瘍では, 5例で低レベルのRT-PCR産物が検出されたのをのぞいて, c-kit遺伝子の明らかな発現は見られなかった。以上の結果より, イヌ乳腺腫瘍では, c-kit遺伝子mRNAの発現が有意に高く, その診断上有用であると思われる。


投稿者 ひがしやま動物病院 | 記事URL

2012年7月 7日 土曜日

免疫介在性溶血性貧血に対する免疫抑制両方の評価:犬42頭の回顧的研究

免疫介在性溶血性貧血に対する免疫抑制両方の評価:犬42頭の回顧的研究

J W Swann; B J Skelly
JSAP July 2011;52(7) :323-8

目的:免疫介在性溶血性貧血(IMHA)は重大な疾患であるが、インファームドコンセントに基づいた免疫抑制療法の選択のための確証が欠けている。本研究の目的は、罹患動物の転帰に対する異なった治療法の影響を決定し、また、この疾患に対する予後因子として利用できるであろうパラメーターする同定ことである。
方法:2002-20010年にIMHAの治療のために動物病院に来院した犬の記録を調べ、フォローアップ・データを獲得した。統計学的検査を実施して、治療法が転帰に影響したか否かを確定し、また転帰に対する予後因子を決定した。
結果:治療法は転帰に優位な影響を及ぼした(入院中の生存として計測)が有意差の原因を確定するのには検体が不十分であった。血清ビリルビン及び尿素濃度はIMHA症例の転帰に対する優位な負の予後因子であることが認められ、これらのパラメーターの濃度には入院中の存在あるいは死亡した動物のあいだで有意差が存在した。
臨床的意義:本研究は臨床的に広く利用されている免疫抑制剤を持ちいた治療を受けた動物の転帰の比較に有意差を認めた初めての報告である。交絡因子の可能性は考慮すべきではあるが、これらの所見ははIMHAの治療に対して重要な意味を持つ可能性がある。

投稿者 ひがしやま動物病院 | 記事URL

新着情報

一覧を見る

2018/11/02

【年末年始 休診のお知らせ】
12/31(月)、1/1(火)、1/2(水)、1/3(木)は休診とさせていただきます。
よろしくお願い致します。

2018/11/21

 【12月休診のお知らせ】
12/2(日) 終日、12/12(水) 午後
水野景介先生の診察は休診とさせていただきます。
よろしくお願い致します。

2017/03/04

お電話での対応
平日:8:30~12:00 / 16:00~19:30
土日:8:30~12:00 / 13:30~17:30
とさせていただきます。よろしくお願いいたします

※こちらは診察時間ではございませんのでご注意ください。

2013/07/10


お電話でのお問い合わせは
     こちらから可能です。


052-782-2472


2012/06/24


マイクロバブルを導入しました

マイクロバブルとは超微細な泡で毛穴の奥までスッキリ洗浄する薬浴のシステムです。
皮膚病でお困りのわんちゃんにオススメします。

詳細はこちらから

愛知県名古屋市千種区唐山町1-5

詳しくはこちら