HOME > 猫の健康のために > 猫の去勢(避妊)手術(野良猫)

猫の去勢(避妊)手術(野良猫)

避妊・去勢料金について


手術前の血液検査 4,400円(税込)
妊娠している場合 5,500円(税込)別途でかかります
堕胎した胎子の火葬費用 1,100円(税込/頭)※当院に依頼される場合

※手術前の動物の状態、手術後の経過によっては治療費が別途に掛かる場合があります。
※手術済の証として耳のV字カットが必要です。上記料金は、V字カット代を含みます。

名古屋市の補助金制度

名古屋市にお住まいの方は、避妊・去勢手術の際に、名古屋市からの補助金制度を使うことが可能です。
手術の際は、あらかじめ当院にご相談の上、市内の各保健所にて手術券の交付を受けてください。
手術券の有効期限は、発行された日から14日間(発効日含む)になりますので、日程にご注意ください。
※手術日のご相談は、当院に御来院いただき、ご相談の上決めさせていただきます。

手術日当日について

避妊・去勢ともに、当日の午前11時までに、当院までお連れください。
また、当日の朝は絶食の上、お越し下さい。

去勢手術の場合、原則当日の退院となります。(術後の経過により、前後する可能性あり)
避妊手術の場合、原則翌日の退院となります。お預けの際に、普段食べ慣れているフードや、必要に応じてブランケット等お持ち下さい。
(術後の経過により、退院日は前後する可能性あり)

猫の避妊・去勢手術について

猫の避妊・去勢手術についてのイメージ

猫を飼う飼い主なら避妊・去勢手術をするかしないかは、多くの飼い主が一度は考え悩むテーマではないでしょうか。
猫は頻繁に外に出ます。その為に、他の動物との接触も犬に比べて非常に多いです。

そして、前項で紹介したような危険な伝染病などの感染も予測されます。
あなたの大切な家族の為に、避妊・去勢のメリット・デメリットをしっかり考えて、ネコちゃんにとって最善な選択をしてあげましょう。

避妊・去勢のメリット・デメリット

去勢について
メリット
  • 攻撃性が緩和される可能性がある
  • 前立腺の病気や肛門周囲腺腫の病気の発生率が下がる。
  • 放浪やマーキング、発情期の雌犬に対する過剰な反応などが無くなる
デメリット
  • 肥満になりやすくなる
避妊について
メリット
  • 望まれない子猫の出産が行われなくて済む
  • 発情が無くなり情期に部屋を汚される事が無くなる
  • 生殖に関する器官の病気の発生率が下がる
デメリット
  • 肥満になりやすくなる

新着情報

一覧を見る

2024/04/13

【ゴールデンウィークのお知らせ】

5月3日~5月5日
上記の期間はゴールデンウィークの
お休みとさせていただきます。

ご迷惑をお掛けしますが、
何卒宜しくお願いいたします。

2024/04/10

【春のフィラリア健康診断のお知らせ】

A: フィラリア抗原検査

B : A+血液検査19項目
※若い子向け
※通常よりも27%OFF

C : A+血液検査23項目
※7歳以上の子向け
※通常よりも33%OFF

フィラリア検査で採血した血液で健康診断が可能です!

2024/04/09

【お知らせ】

4月20日(土)は院長学会の為、
終日休診とさせていただきます。

ご迷惑をお掛け致しますが、
何卒宜しくお願い申し上げます。

2024/03/02

≪大切なお知らせ≫

3月4日(月)より当面の間、平日午後の最終診療受付を
19:30
19:00までとさせて頂きます。

ネット予約の最終受付は、18:30までとさせて頂きます。ご予約取得ができない場合はお電話にてお問合せ下さい。


≪診療時間≫
【平日】 
 9:00~ 11:30
17:00~19:00

【木曜日】
 9:30~ 11:30

【土曜日】
 9:00~11:30
15:00~17:30




大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い致します。



2023/04/21

【お知らせ】
5/8(月)よりペットホテル料金を値上げさせて頂くことに致しました。
何卒ご理解ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。

詳しくはコチラ

愛知県名古屋市千種区唐山町1-5

詳しくはこちら