HOME > 犬の健康のために > 犬の伝染病の予防

ワクチンで予防できる犬の伝染病

ワクチンで予防できる犬の伝染病イメージ

ワクチンで予防できる犬の伝染病。その病気にはどんなものがあるのでしょうか。
犬・猫問わずペットには予防接種がとても大切になります。ウィルス性の病気には特効薬がなく、今のところ予防接種によるワクチン注射がウィルス性の伝染病から大切な家族を守る手段となります。早めに予防接種・ワクチン接種をお勧めいたします。
犬のワクチンについて知っておきましょう。

狂犬病ワクチン

日本では狂犬病予防ワクチン接種が法律で義務づけられています。

法律で毎年一回予防注射を受けるよう義務づけられている人畜共通伝染病です。現在、狂犬病に対する治療法はなく、病名に「犬」という字が使われているものの、ネコやキツネ、アライグマ、コウモリ、馬などをはじめ、人間も含めた哺乳動物に感染します。また、犬人も発症すれば致死率が100%の非常に恐ろしい病気です。必ず狂犬病の予防接種を受けましょう。
幸い日本では、1957年以降発生していません。これは予防注射の徹底と厳重な検疫により守られているからです。しかし、世界の大部分の地域では、今でも多く発生しているために、いつ侵入してくるかもしれません。そのために検疫の強化とともに飼い犬全体の免疫保有率を常時高くしておくことが不可欠です。

混合ワクチン

事前の伝染病予防でペットを守りましょう。

混合ワクチンは「狂犬病ワクチン」とは違い、法で定められたものではありません。この混合ワクチンで予防できる伝染病の中には死亡率の高い恐ろしい病気もあります。ペットに対して事前にワクチンの接種をして、病気への免疫力をつけてあげることが非常に重要と言えます。主にワクチン接種で予防できる伝染病は下記の通りです。

犬ジステンパー 発熱や下痢、神経症状等、死亡率も高く非常に怖い病気です。
犬アデノウイルス2型感染症 肺炎や扁桃炎などの呼吸器症状を起こします。
犬伝染性肝炎 肝炎を主とし、嘔吐や下痢等の症状をおこします。子犬では突然死することもある病気です。
犬パラインフルエンザ 咳や鼻水、扁桃炎を起こします。ケンネルコフと呼ばれる犬の風邪の症候群を引き起こします。
犬パルボウイルス感染症 血混じりの酷い下痢や嘔吐をおこす腸炎型や、子犬に突然死をもたらす心筋型があります。伝染性が強く、死亡率も高い怖い病気です。
犬コロナウイルス感染症 腸炎を主として、下痢や嘔吐を起こします。パルボウイルスと混合感染すると重篤な症状を引き起こすので、パルボウイルスと一緒に予防する事が重要です。
犬レプトスピラ病(黄疸出血型) 人にも感染する伝染病です。出血型は歯ぐきの出血や黄疸、カニコーラ型は高熱・嘔吐・下痢を引き起こします。ネズミの尿を介する伝染病のため、野山によく行かれるワンちゃんには特に予防が必要です。
犬レプトスピラ病(カニコーラ型)

フィラリア症

フィラリア症イメージ フィラリアとはわんちゃんの代表的な寄生虫です。

フィラリアは、蚊が媒介する心臓の寄生虫で、犬の心臓や肺に入り込み、体に様々な障害をひきおこします。感染子虫を持った「蚊」に刺されることにより感染します。
フィラリア症は、きちんと投薬すれば完全に予防できますが、しかし、発病したら治療することは難しい恐ろしい病気です。

フィラリアの薬を飲ませるタイミングは?

フィラリアのお薬は体に入ってきたフィラリアを駆除するためのお薬です。
フィラリアのお薬を飲む期間は、原因となる蚊の出現にあわせて予防薬を毎月1回飲ませる事で行います。予防期間としては、地域の平均気温によって異なりますが、通常は蚊の発生後1ヵ月から蚊が見られなくなった後、1ヵ月まで月1回投薬して頂きます。前年度にフィラリア予防薬を投与していても、春に血液検査をしてフィラリアを確認することも必要となります。

フィラリアの薬とその選び方は?

一般的には予防薬と言われていますが、正確には予防薬ではなく駆虫薬です。予防薬には、フィラリア駆虫だけに効果のあるもの、お腹の寄生虫まで駆除できるもの、ノミやダニの成長を妨げる効果も合わせているものなど、種類もいろいろです。当院では、ペットの生活環境に最適なお薬を選択させて頂いています。

ノミ・ダニ予防

ノミやダニも定期的に予防しましょう。

ノミやダニは深刻な問題をもたらす外部寄生虫で、適切な対策が必要となります。
愛犬がノミやダニにたくさん寄生されて、重大な被害を受けてしまわないように、早めの対策を心がけましょう。
一時的な駆除だけでなく定期的に継続した、できれば年間を通した対策をお勧めします。お気軽にご相談下さい。

新着情報

一覧を見る

2018/05/15

【休診のお知らせ】
6/16(土)、6/17(日)の水野景介先生の診察は休診とさせていただきます。
よろしくお願い致します。

2017/03/04

お電話での対応
平日:8:30~12:00 / 16:00~19:30
土日:8:30~12:00 / 13:30~17:30
とさせていただきます。よろしくお願いいたします

※こちらは診察時間ではございませんのでご注意ください。

2013/07/10


お電話でのお問い合わせは
     こちらから可能です。


052-782-2472


2012/06/24


マイクロバブルを導入しました

マイクロバブルとは超微細な泡で毛穴の奥までスッキリ洗浄する薬浴のシステムです。
皮膚病でお困りのわんちゃんにオススメします。

詳細はこちらから

愛知県名古屋市千種区唐山町1-5

詳しくはこちら