動物の病気 最新情報

2012年9月16日 日曜日

ヒト化動物 名古屋 ひがしやま動物病院

ヒト化動物としての利用が可能な免疫不全ラットが京大などで開発されました。 

「ヒト化動物とは」
   人の細胞をある動物に移植し、細胞がその動物に組み込まれることをいいます。

今回の報告は、特殊なネズミに人の細胞(iPS細胞)を移植し
たところ、拒絶反応なくヒトの細胞はネズミの体内で生き続けたと結論づけられています。

このラットの開発により
 ・ヒトの細胞を使用して実験が可能である
 ・がん研究、幹細胞研究、移植研究、創薬研究などに幅広く利用されるモデル動物になることが期待される
 ・従来の研究はヌードマウス(免疫不全マウス)が主に使用されてきたが、約10倍大型のネズミ:ラットを使用することで研究がし
  やす


などがあげられます。


しかしながら、クローンのような倫理的な問題も出てくるかもしれません。
 


京大など、ヒト化動物としての利用も可能な「重症免疫不全ラット」を作製

http://news.mynavi.jp/news/2012/09/14/127/

投稿者 ひがしやま動物病院

新着情報

一覧を見る

2018/09/01

 10月 休診のお知らせ 
10/14(日)の診察は終日休診とさせていただきます、よろしくお願い致します。

2018/09/01

【 9月 休診のお知らせ 】
9/29(土)9/30(日)の水野景介先生の診察は休診とさせていただきます、よろしくお願い致します。

2017/03/04

お電話での対応
平日:8:30~12:00 / 16:00~19:30
土日:8:30~12:00 / 13:30~17:30
とさせていただきます。よろしくお願いいたします

※こちらは診察時間ではございませんのでご注意ください。

2013/07/10


お電話でのお問い合わせは
     こちらから可能です。


052-782-2472


2012/06/24


マイクロバブルを導入しました

マイクロバブルとは超微細な泡で毛穴の奥までスッキリ洗浄する薬浴のシステムです。
皮膚病でお困りのわんちゃんにオススメします。

詳細はこちらから

愛知県名古屋市千種区唐山町1-5

詳しくはこちら