動物の病気 最新情報

2013年1月29日 火曜日

新しい骨折治療の固定法 名古屋 千種区 ひがしやま動物病院

Fracture Repair Using a Polyaxial Locking Plate System (PAX)
                                                                  Matthew D, Vet surg 2012

骨折治療へのPolyaxial Locking Plate System(PAX)の評価

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1532-950X.2012.01063.x/pdf

犬と猫の骨折整復に新しい固定プレートを用いたその後の治療結果についての報告です。
2009年12月から2011年3月まででPAXで治療された60匹の犬と2匹の猫のその後の結果を追ったものです。
平均年齢は27.6ヶ月(1.6~120ヶ月)、平均体重は13.3kg(0.5~79.4kg)、骨折の種類としては橈尺骨、骨盤、大腿骨、脛骨、上腕骨、踵骨、腸骨、寛骨が含まれていました。
評価の項目として体重、骨折した場所、骨折の部位、同時に治療した怪我、プレートサイズ、プレートの数、骨移植の有無、MIPO(Minimally invasive plate osteosynthesis)を用いたならその記録、骨片数、プレートの長さ、プレートのネジ穴の数、骨折線近くのネジ穴の数、骨折線上のネジ穴の数など詳細に記録され、複合的に判断されたものです。
骨折の癒合までに平均で7.1週間かかり、合併症が生じたのは12匹(19%)、プレートが原因での支障は3匹(5%)であり、ほかのプレート固定と比べて遜色がないことが判明しました。
結論として、多種多様な骨折線および縦骨折治療の選択肢としてPAXは有益であることがわかりました。
PAXはネジの挿入角度が任意で変えられますが、強度としてはLCPに劣ります。DCPのような効果もありません。

この新しいプレートはpolyaxial(多関節性?)でベンディングしやすい素材です。骨の湾曲がある部分にはLCPより適しています。また、スクリューがプレートにロッキングする際にセルフタッピングされるのでスクリューの挿入角度を調整できることが特徴です。

投稿者 ひがしやま動物病院

新着情報

一覧を見る

2018/09/01

 10月 休診のお知らせ 
10/14(日)の診察は終日休診とさせていただきます、よろしくお願い致します。

2018/09/01

【 9月 休診のお知らせ 】
9/29(土)9/30(日)の水野景介先生の診察は休診とさせていただきます、よろしくお願い致します。

2017/03/04

お電話での対応
平日:8:30~12:00 / 16:00~19:30
土日:8:30~12:00 / 13:30~17:30
とさせていただきます。よろしくお願いいたします

※こちらは診察時間ではございませんのでご注意ください。

2013/07/10


お電話でのお問い合わせは
     こちらから可能です。


052-782-2472


2012/06/24


マイクロバブルを導入しました

マイクロバブルとは超微細な泡で毛穴の奥までスッキリ洗浄する薬浴のシステムです。
皮膚病でお困りのわんちゃんにオススメします。

詳細はこちらから

愛知県名古屋市千種区唐山町1-5

詳しくはこちら